『歴史認識問題研究』論文一覧

こちらは、過去に『歴史認識問題研究』に収録させて頂きました論文等を閲覧・ダウンロードできるページです。創刊号から順番に並べてまいります。

本ページでは、創刊号から第5号までを収録しております。

一括で閲覧・ダウンロードを希望される場合は、こちら(『歴史認識問題研究』保管庫)よりお入り下さい。

 

『 歴 史 認 識 問 題 研 究 』 創 刊 号 (2017年9月20日)

<創刊の辞>

「歴史認識問題研究会」呼びかけ文

特集1 歴史認識問題にどう立ち向かうか

<論文>

歴史認識問題とは何か                     西岡  力

ユネスコ「世界の記憶」の最新動向に関する一考察        高橋 史朗

<歴史認識問題研究会発足記念シンポジウム>

歴史認識問題にどう立ち向かうか           基調講演:渡辺 利夫
―ユネスコ記憶遺産「慰安婦」登録への反論―          高橋 史朗

                               西岡  力

                           進行役:杉田 水脈

特集2 中国との歴史戦

<論文>

中国人と誣告ー歴史問題化の手法                北村  稔

ファシズム概念と歴史戦                    島田 洋一

「中国人慰安婦」研究上の問題点                勝岡 寛次

付録① 中国人慰安婦・戦時暴力に関する日本語文献一覧

付録② 中国人慰安婦・性暴力被害者証言一覧表

<研究ノート>

カイロ宣言の虚実                       伊藤 哲夫

<歴史認識問題研究会役員名簿・活動概要等>

<編集後記>


 

『 歴 史 認 識 問 題 研 究 』 第 2 号 (2018年3月15日)

特集1 ユネスコ「世界の記憶」慰安婦登録、見送られる!

<報告>

慰安婦登録・見送りの経緯と今後の課題             高橋 史朗

<声明・資料>

1 ユネスコ「世界の記憶」への慰安婦資料登録に反対する緊急声明(9・26)

2 「世界の記憶」日本軍「慰安婦の声」共同申請登録に反対する日本の学者声明・賛同者名簿(10・16)

3 ユネスコ「世界の記憶」国際諮問委員会発表(10・30)

4 ユネスコ「世界の記憶」への慰安婦資料登録見送りを歓迎する歴認研声明(10・31)

5 「ユネスコ世界の記憶」発表に対する日米4団体の声明文(10・31)

6 ユネスコの登録保留に対する、国際連帯委員会の見解(10・31、原文韓国語・翻訳西岡力)

<歴史認識問題研究会第2回シンポジウム記録>

ユネスコ慰安婦登録を許すな!

オープニングスピーチ&コーディネーター           櫻井 よしこ

ユネスコ「世界の記憶」慰安婦登録 最新動向と緊急課題      高橋 史朗

歴史認識問題の今                      西岡  力

特集2 徴用工問題

<論文>

朝鮮人戦時動員に関する統計的分析              西岡  力

<文献目録>

徴用工問題(朝鮮人・中国人「強制連行」)に関する文献目録  勝岡 寛次

<論文>

教育勅語の教材使用問題に関する歴史的一考察         高橋 史朗

ソ連・コミンテルンの対日宣伝工作とインテリジェンス     江崎 道朗

「国際倫理」からアプローチする歴史認識問題         川久保 剛
―日米主導で「国際規範」の構築を―

支那事変長期化の一要因としての昭和研究会メンバーの言説   久野  潤
―第一次近衛内閣期における『中央公論』記事を中心に―

<調査報告>

北米「日系子女いじめ問題」調査報告             歴史認識問題研究会

<歴認研活動記録>

<編集後記 第2号>


 

『 歴 史 認 識 問 題 研 究 』 第 3 号 (2018年9月20日)

特集1 アメリカにおける歴史認識問題

<論文>

最近のアメリカの知的状況                  ケビン・ドーク

左派が米国学界の知的風土を単一化する手法          ジェイソン・モーガン
:その「プロセス」を詳説する                (森 由美子訳)

特集2 徴用工問題

<論文>

朝鮮人戦時動員に関する研究(2)、手記の検討          西岡  力

朝鮮人・中国人「強制連行」問題の起源              勝岡 寛次
-運動史的観点からの一考察-

<文献目録>

朝鮮人・中国人「強制連行」に関する文献目録(2)       勝岡 寛次

<資料>

韓国政府作成「戦犯企業」273社実名リスト           長谷 亮介


<論文>

「朝鮮人慰安婦虐殺」映像についての考察⑴           高橋 史朗

<聞き書き>

日本時代の朝鮮人警察官の回想                  柴  公也

<歴史認識問題研究会第3回(第1回大阪)シンポジウム記録>

慰安婦「歴史戦」に負けるな―ユネスコ登録阻止と慰安婦像設置

第一部 「世界の記憶」慰安婦登録見送り ー成果と課題についてー
第二部  サンフランシスコ、マニラ慰安婦像設置を許すな ー中国との歴史戦ー

                               西岡  力

                               高橋 史朗

                               山本優美子

<書評>

向山直佑「第三国による歴史認識問題への介入の要因と帰結    川久保 剛
ーアルメニア人虐殺へのジェノサイド認定とトルコ」

<歴認研活動記録>

<編集後記>


 

『 歴 史 認 識 問 題 研 究 』 第 4 号 (2019年3月20日)

特集1 韓国大法院判決と朝鮮人戦時労働者の真実

<論文>

戦時労働者問題の全体像と課題                 西岡  力

朝鮮人戦時労働者の実態について                勝岡 寛次
-韓国大法院判決の原告を中心に-

<歴認研・緊急集会の記録>

「韓国の不当判決に抗議する緊急集会」(平成30年11月26日、於参議院議員会館)

 登壇者:元総務大臣・自民党衆議院議員            新 藤 義 孝        
    :内閣府政務官・自民党衆議院議員           長 尾   敬        
    :国民民主党副代表・同党衆議院議員          渡 辺   周        
    :元拉致問題担当大臣・希望の党参議院議員       中 山 恭 子        
    :元国家公安委員長・無所属衆議院議員         松 原   仁        
    :総理補佐官・自民党参議院議員            衛 藤 晟 一        
    :ジャーナリスト・歴認研顧問             櫻 井 よしこ        
    :歴認研会長・麗澤大学客員教授            西 岡   力        
    :自民党参議院議員                  中 野 正 志        
    :自民党衆議院議員                  杉 田 水 脈     
 決 議                              
                            司会 高 橋 史 朗 

<資料>

韓国政府作成「強制動員が確認された日本企業          長谷 亮介
(日本地域)」1257社リスト

特集2 南京事件論争の再検討

<論文>

南京「占領」研究の盲点-法廷論争を11年ぶりに振り返る     東中野修道

日本の学界における「南京事件」研究の考察            長谷 亮介

             
<論文>

歴史認識問題としての竹島問題を何故、解決できないのか      下條 正男

「朝鮮人慰安婦虐殺」映像についての考察(2)          高橋 史朗

<証言>

写真をめぐる人々との対応                    天児  都
-父・麻生徹男資料の管理者としての30年
                   
                    

<書評>

William Hitchcock, The Age of Eisenhower, 2018        島田 洋一

<歴認研活動記録>

<編集後記>

                                                                                                        

 

『 歴 史 認 識 問 題 研 究 』 第 5号 (2019年9月19日)

特集1 国連は反日運動にいかに利用されてきたか?

<総論>

国連の「対日勧告」と反日NGOの関係についての歴史的考察        高橋 史朗

<各論>

「慰安婦性奴隷」説が国連と国際社会に拡散した過程、 
    日本人弁護士の果たした役割を中心に              西岡  力

「反差別国際運動(」IMADR)は如何にして国連NGO資格を取得したか
   ─国連人権担当官久保田洋の果した役割を中心に─           勝岡 寛次

国連人権条約体委員会 
  ─左派が利用する「国連の勧告」と国内への影響─          山本 優美子
※別表 国連人権条約体委員会 対日審査会と国内外の出来事 年表

特集2 台湾の歴史認識問題

<報告>

歴 認 研 台 湾 現 地 調 査 報 告                     西岡  力
                                    高橋 史朗
                                    島田 洋一

<資料>

「国民党は『軍中楽園の少女像』を建立せよ」              黄 天 麟

                                        

<論文>

韓国との「歴史認識問題」をさかのぼる ─日本統治時代の事例から      荒木 信子

戦時朝鮮人労働者の労働現場の実態を考察する              長谷 亮介

<聞き書き>

日本時代の朝鮮人警察官の回想(2)                  柴  公也

<書評>

西岡 力 著『でっちあげの徴用工問題』                  李 宇 衍

高橋史朗 著『WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム) 
と「歴史戦」─「日本人の道徳」を取り戻す』              岡島  実

レイノルズ 著『アメリカ−自由の帝国』                 島田 洋一

松本 厚治 著『韓国「反日主義」の起源』                  鄭 大 均

<ニュース・インフォメーション>

反日民族主義に反対する初めてのソウル街頭集会              西岡  力

<歴認研活動記録>

<編集後記>