『歴史認識問題研究』論文一覧(第6号~)

こちらは、過去に『歴史認識問題研究』に収録させて頂きました論文等を閲覧・ダウンロードできるページです。
第6号から順番に並べてまいります。

 

『 歴 史 認 識 問 題 研 究 』 第 6 号 (2020年3月19日)

特集1 『反日種族主義』の徹底解剖

<総論>

実証研究『反日種族主義』の衝撃                 渡辺 利夫

大韓民国の亡国の危機を告発する憂国の書             西岡  力

<各論>

収奪論の破綻                          木村 光彦

「朝鮮人強制連行」説に対する、韓国人研究者からの初の反論    勝岡 寛次

反日種族主義の淵源としての竹島問題               下條 正男

「民族精気」の虚妄を衝く                    下川 正晴

特集2 日韓国際シンポジウム「韓国『徴用工』問題の真実」

<日韓国際シンポジウム記録>

韓国「徴用工」問題の真実(令和元年10月6日、於東京・星陵会館)

  登壇者:弁護士・慰安婦像と戦時労働者像設置に反対する会共同代表   金  基洙
     :歴史認識問題研究会会長               西岡  力
  司 会:歴史認識問題研究会副会長              髙橋 史朗

<声明・資料>

1965年日韓請求権協定の尊重を求める日韓法律家共同声明

日韓法律家、東京・ソウル同時記者会見記録(2019年12月23日)

                            歴史認識問題研究会

                                

<論文>

正定事件研究-歴史認識と列福についての問題-          峯崎 恭輔

アメリカ人の中国像に「風穴が空いた」          ジェイソン・モーガン
-中国人に対する疑惑の深まりと、対日歴史戦への無知-

ベアテ・シロタ憲法草案についての一考察(1)          髙橋 史朗
-憲法第24条の制定過程を中心に-

<書評>

バーンズ『裏交渉-アメリカ外交回顧録』             島田 洋一

<歴認研活動記録>

<編集後記>

 

                                        

『 歴 史 認 識 問 題 研 究 』 第 7 号 (2020年9月18日)

特集1 日本における歴史認識問題の現状

<論文>

自由社教科書不合格問題と、欠陥個所の「二重申請」問題      勝岡 寛次

 別表資料1 自由社による、欠陥個所の「二重申請」案件・一覧表(前半)(後半
 別表資料2 自由社による、欠陥個所の「自主修正」案件・一覧表

いわゆる植村・西岡訴訟とその問題点について           岡島  実
 -濫訴による言論空間の荒廃とその修復-

                           

<論文>

実子誘拐・共同養育・共同親権問題に関する一考察         髙橋 史朗
 -EU議会決議・国連への対応はいかにあるべきか-

韓国の慰安婦運動の「内紛」                   西岡  力
 -元慰安婦の挺対協批判の持つ意味

<研究ノート>

韓国の失われた時を求めて①(新連載)              鄭  大均

<資料解説・資料目録>

ユネスコに登録された『南京大虐殺』資料を整理する         長谷 亮介
『世界記憶名録:南京大屠殺档案』全20冊に収録された資料一覧表  長谷 亮介

<報告>

フジ住宅・在日韓国人従業員訴訟判決がはらむ、          小島 新一
「ヘイト認定」の危険性

<書評>

有馬哲夫『日本人はなぜ自虐的になったのかー占領とWGIP』    髙橋 史朗

伊藤哲夫『五箇条の御誓文の真実』                川久保 剛

ボルトン『ホワイトハウス回顧録』                島田 洋一

李宇衍『ソウルの中心で真実を叫ぶ』               勝岡 寛次

<歴認研活動記録>

<編集後記>